So-net無料ブログ作成

天使たちより(闇について) [スピリチュアル]

私たちは天使です。今日は天使たちから、メッセージをお伝えします。
今回静香が体験した出来事は、皆さんにも共通する事です。
詳しく静香は皆さんに伝えていませんが、ある光の者を通じて、闇が入り、そこからその者とつながっている者たちに、闇が入ってきました。それで静香は、身体の調子を悪くしました。他にも具合の悪くなった者や、闇が入ってきた事に、気づいた者たちがいました。そして磁場が闇に荒らされ、ニセモノの剣を見せられていました。
静香は自分のせいだと思い、磁場をけがされた事に、大変なショックを受けましたが、天使たちの力で、今は元に戻っています。
そして闇が入った光の者と、あなた方をつなげているコードを、静香は昨日切り離しました。その者とつながっていると、闇がその者を通じて入ってきます。
そして今朝、私たちはその者の、残りのコードを切り離しました。これでその者との縁が、切れました。
皆さんの中で、今までなんとなく調子が悪かった人は、闇の影響を受けたのだと思います。今日、闇との結びつきを切り離しましたので、これからは調子が戻ってくると思います。

これは作り話ではありません。実際に起こった出来事です。にわかに信じられないかと思いますが、静香は闇に入られ、ほとんどの人が、何らかの闇の影響を受けています。
私たちは被害を食い止めるためにも、この事を公開し、皆さんに闇がどういうものであるのかを、知っていただきたいと思い、伝えています。
闇は光を、常に狙っています。光を狙い、そこに隙があれば入り、コントロールしようとします。
闇は光の姿をして、現れます。それに騙され、いつのまにか闇の手に落ちてしまう事も、珍しくありません。気づかないまま闇に入られ、それが光だと思い込んで、人々に闇を分け与えていたとしたら、どのような影響が出るのか分かりますね。
闇はそうやって、光に取り入ります。
一度闇に入られると、光に戻る事は、とても難しいです。何が光で、何が闇かというのが、全く分からなくなり、自分にやってきているものが何であるのか、判断できなくなります。

今回の事は、光を持つすべての皆さんが陥る、可能性がある事です。
私たちは今回、一人の光の者が闇に落ち、それが与える影響の大きさを、あなた方に理解して欲しいと思っています。そして誰にでもその可能性があるという事を、知って欲しいのです。
いつも伝えているように、自分がしっかりと光の道を歩み、本物の光を分け与えていく事が、いかに大変であるのかを、知ってください。
光を持つ事の責任の重さを、もう一度考えてください。
胸を張って、光の道を歩んでいると言ってください。

3次元の世を欺くのは、簡単な事です。光の道を歩んでいると口でいくら言っても、光を分け与えているといくら言っても、人間は騙せますが、闇はあなたの本当の姿を見ています。あなたがエゴの光を分け与えているのを、見破ります。そして簡単にあなたに入ってきます。
私たちはあなたを守る事は出来ます。けれどあなたに隙があり、そのために闇が入ってくる事を、止める事は出来ません。
あなたが光の道を歩んでいるのであれば、私たちの守りは固く、闇が入る隙を与えませんが、あなたの中にエゴや、心の隙があれば、私たちの守りはそれだけ弱くなります。

ここまでお伝えして、私たちの言わんとしている事は、もうお分かりですね。
あなたです。あなたが一番大切なのです。あなたの心、あなたが日々光の生活を送る事が、どれだけ大切かという事です。
3次元の世で生きるという事は、たくさんの経験をします。その経験があなたを成長させるわけですが、その時に様々な感情も伴います。良い感情、良くない感情を持つ事は、この世では当たり前です。
良くない感情を持った時に、すぐに気づき、反省をしてください。それがあなたの魂を輝かせます。
エゴや、自己卑下、嫉み、恨み、怒り、恐れ、取り越し苦労等の感情は、この世で生きている限り、一生あなたについて回ります。それが悪いと言っているのではなく、それらの感情を味わう事も、あなたが望んでいる事です。それらの感情を通して、あなたの魂の成長があります。
けれど決してそれらの感情を、長く持ち続けないでください。長くもち続けると、それが良くないものを引き寄せます。そこに闇が入ってきます。
それらの感情をすぐに手放す、反省して、元の高い波動のあなたに戻る事が、とても大切です。それを覚えていてください。

今回の事は、あなた方の一つの学びになりました。
静香は今回の事を通して、それを自分の試練の一つだと、受け止めています。静香は自分の事をあまり言おうとしません。今回の事も皆さんに伝えようとしないので、天使たちがこうやって、真実をお話しました。
いつでもあなたは、闇に陥る可能性と、隣り合わせにいるのだという事。
そして毎日、気を引き締めて、光に向かって歩いていく事を、私たちは声を大にして言いたいのです。

真っ直ぐな光の道を歩んでいる者に、闇は近づく事さえ出来ません。
けれどたった一人闇に入られただけで、光でつながっている者たちが、総崩れになるほどの影響を与える事を、今回皆さんは経験しました。皆さんの光は皆さんが守ってください。すべては自分です。それを今回学んだと思ってください。
私たちは皆さん一人一人に、これから更なる心の引き締めを行なっていただきたいと思います。
皆さんは光を持っています。それを輝かせるのは、皆さんの役目です。
あなたです。あなたがやらなくて、誰がやりますか?

私たちはあなた方を愛しています。私たちは常に、あなた方のそばにいます。
私たちが、あなた方を守っています。守られるあなた方の側にも、覚悟が必要です。
常に自分と向き合ってください。
常に自分の行動を振り返り、光の道を歩いているかを確認してください。



ひとこと[ぴかぴか(新しい)]
今回の事で、皆さんにご心配をおかけしました事を、心からお詫び申し上げます。
これまで、たくさんのメールや、メッセージをいただきました。一つ一つにお返事を差し上げたいのですが、時間がなかなか取れず、この場を借りて、お礼を申し上げます。
本当にありがとうございます。

今回の事を通して、光を持っている皆さんとつながっている事を実感しました。
そして光を持つ者が与える影響の大きさを、改めて考えさせられました。

闇が常に狙っている事を頭に入れて、これまで以上に自分の生活を、しっかりと光に向けて行こうと思います。



nice!(2) 

nice! 2

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。